アンケートへのご協力ありがとうございます

HOT NEWS

16/07/19
 

新規在庫品を追加致しました!

ネオジム磁石に26ショップ在庫品の中で最上級グレードN52材を使用した丸型【商品コード:NE528〜NE545 Φ8ミリ〜Φ20ミリ×1ミリ〜10ミリ 材質:N52】18種類。
...more

16/07/14
 

新規在庫品を追加致しました!

ネオジム磁石に26ショップ在庫品の中で最上級グレードN52材を使用した丸型【商品コード:NE513〜NE527 Φ2ミリ〜Φ7ミリ×1ミリ〜10ミリ 材質:N52】15種類と丸...more

16/06/30
 

新規在庫品を追加致しました!

ネオジム磁石に丸型【Φ1ミリ〜Φ60ミリ×1ミリ〜30ミリ 材質:N40】97種類と角型【商品コード:NK184 55ミリ×10ミリ×3ミリ 材質:N35】1種類の98種...more

お話箱

No.1 磁石の語源

中国の慈州(現在の河北省磁県)には天然の磁石である磁鉄鉱の産地がありました。この石が鉄を吸寄せる不思議な力を見た昔の中国の人は、まるで慈悲深いお母さんがわが子を招き寄せて慈しむ姿のようだと「慈石」と名付けました。これが「磁石」の由来といわれています。
 「マグネット」の語源は古く紀元前3000年頃まで遡ります。ギリシャのマグネシア地方でも磁鉄鉱が採掘されました。最初は地名にちなんで「マグネス」と呼ばれますが、後に「マグネット」になったといわれています。ちなみに「マグネット」は英語でMAGNETと書き、ドイツ語でもスペルは全く同じで「マグネート」と発音します。
名前の由来とされているお話をもう一つ・・・
昔「マグネス」という羊飼いの少年がいました。先っぽに鉄が付いた杖を持って歩いていると、吸寄せる不思議な石を見つけました。これが磁石と人との初めての出会いで、少年の名前「マグネス」から「マグネット」と呼ばれるようになったという説もあります。これ以外にも名前の由来には諸説があります。あなたはどの説を信じますか?

国内加工品! マグネットバー

プラスチック磁石

26ショップ 製品案内 会社案内