現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石関連データ > 磁束分布

磁束分布

磁気回路は下図のように様々な磁力線の出方によってタイプが変わります。

磁石単体の場合
磁力線はN極から出てS極に向かうと仮定されています。近くに磁石や鉄等の強磁性体がなければ、左図のような磁力線の出方になります。
磁石の近くに強磁性体がある場合
近くに磁石や鉄等の強磁性体がある場合は、そちらに多くの磁力線が向かいバランスが崩れます。
2つの磁石の異極を向い合せた場合(吸着)
2つの磁石のN極とS極を引合う程度の距離まで近付けると、磁力線は対面にある異なる極にまっすぐ向かいます。
2つの磁石の同極を向い合せた場合(反発)
2つの磁石の同極を反発する程度の距離まで近付けると、磁力線はその距離の中心部でぶつかり急激に曲がります。磁化水や燃費向上等では、このようにパイプを挟むこともあるようです。
2つの磁石の異極を向い合せ後側を鉄で結んだ場合
磁石を向い合せただけの場合より、漏れ磁束が少なく磁力線が増加します。いわゆる閉回路の代表的な方法のひとつです。
キャップ磁石の場合
左図の上を向いている磁石面と、外周の鉄の部分との間に磁力線が集中する為、ヨーク(鉄材)と接触させると磁石単体の場合より吸着力が3〜4倍になります。但し、磁力線が遠くまで伸びませんので、吸着対象物との間に隙間を空けないように注意が必要です。用途は主に吸着用(密着)です。
セグメント型磁石を向い合せた場合
磁力線は近い異極へ向かうので中心部はあまり通りません。セグメント型の主な用途はモーターや発電機です。
その他の磁気回路
ヨーク(鉄材)を使った閉回路は他にも様々あります。基本的には磁力線がN極からS極へ向かうことを前提に、ヨーク(鉄材)を有効に活用した磁気回路をご検討下さい。