現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石の歴史 > [紀元後1831年]イギリスのファラデーが『電磁誘導』を発見する

紀元後1831年
イギリスのファラデーが『電磁誘導』を発見する

イギリスの物理学者・化学者ファラデーは、コイルの中の磁場を変化させると電流が流れるとする電磁誘導現象を発見しました。

この現象を利用して磁石とコイルによって電気を取出すことができます。身近なもので自転車用発電ライトがあります。自転車用発電ライトは回転軸に取付けられた磁石とそれを取囲むコイルで構成されています。回転軸の上部はギザギザしていてタイヤと接触しています。タイヤが回ると回転軸に取付けられた磁石が回転しコイル中の磁場は激しく変動します。その結果、電磁誘導により電気が発生しライトが点灯します。このような小さな発電機だけでなく発電所の発電機も同様の構造で動いていますし、IHクッキングヒーター等にも利用されています。

また、ファラデーの名にちなんで静電気容量の単位名をファラッド(F)とする等、彼の数多くの偉大な功績は賞賛され続けています。