現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石Q&A > Q1-9.マグネットバーの特徴って?

1-9マグネットバーの特徴って?

マグネットバーは、ステンレスパイプに磁石と鉄(ヨーク)を交互に詰込んだ製品です。
磁石単体では発生させることのできない高磁力をヨーク部分から発生させることが可能です。
食品・医療・紡績等の細かな鉄粉を除去することが求められる現場で活躍します。

■イメージ図
■仕様
弊社のマグネットバーは、全て日本国内での加工品です。
特注品の製作も最短約1週間程度で承ります。

磁石ピッチの標準は20mmです。
外筒はSUS316Lを使用していますので大変衛生的です。
使用温度は1000mT・1500mT品は約60〜80℃程度、1200mT品は約80〜100℃程度、
耐熱タイプは約200℃程度まで使用可能です。
下記の製作・加工が可能です。

 (1)長ピッチ・短ピッチ製作
  長ピッチは磁界の影響範囲が広くなりますが、極間が広く吸着点が少なくなります。
  短ピッチは極間が狭く吸着点は多くなりますが、磁界の影響範囲が狭くなります。

 (2)タップ加工
  両端または片端にM6やM8等のねじ穴を開けることが可能です。

 (3)ステンレスカバー製作
  マグネットバーの外側にステンレスカバーを装着することが可能です。
  ステンレスカバーからマグネットバーを取外すことによって、付着した鉄粉の除去
  を容易に行うことができます。
  但し、ステンレスカバーを装着した分磁力が低下しますので、1000mT品の場合は
  800mT程度になります。

製作例①
製作例②
その他ご希望の仕様に合せて製作致しますので、お気軽にご相談下さい。

26ショップで取扱っている商品は下記の7種類です。