現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石Q&A > Q1-18.磁気回路って?

1-18磁気回路って?

磁気回路とは永久磁石や電磁石と鉄等の強磁性体を組合せて磁路(磁束が流れる経路)を作り、目的の範囲に磁束を集めたり磁束分布を均一にしたりする回路のことです。
鉄等の強磁性体に磁束が流れて漏洩磁束が少なくなるので、磁力を効率良く使用することが
できます。

弊社は磁気回路の製作も承っています。
磁気回路の多くは強力な磁力のネオジム磁石を使用します。
この為、ヨーク(鉄材)と磁石の接着や組立作業にはノウハウが必要です。
弊社は磁気回路の製作に多く携わっています。
希望の仕様に合せて製作しますので弊社に連絡して下さい。

■磁気回路の磁束分布
コの字型
磁石を向い合せただけの場合より、漏洩磁束が少なく磁力線が増加します。
いわゆる閉回路の代表例です。
ロの字型
ヨーク(鉄材)をロの字型にすることで、コの字型より漏洩磁束を少なくする
ことができます。
キャップ磁石型
上を向いている磁石面と外周の鉄との間に磁力線が集中します。この為、吸着力が磁石単体より3〜4倍になります。
ただし、磁力線が遠くまで伸びない為、吸着対象物との間に隙間を空けないように注意が必要です。
スパッタリング型
スパッタリングは成膜方法の一種です。磁石の周りに異極を配置することで
磁力線が安定し、効率良く成膜する
ことができます。
マグネットキャッチ型
磁石の磁力がヨーク(鉄材)を介して先端に流れ、N極とS極の間で磁力が集中します。これを応用した製品がマグネットキャッチです。
■(参考)磁気回路以外の磁束分布
磁石単体の場合@
磁力線はN極から出てS極に向かうと
仮定されています。近くに磁石や鉄等
の強磁性体がなければ上図のような
磁力線になります。
磁石単体の場合A
片面2極着磁のようにN極とS極が隣合っている場合、N極から出た磁力線は隣のS極に集中しやすくなります。
磁石の近くに強磁性体がある場合
近くに磁石や鉄等の強磁性体がある
場合、そちらに多くの磁力線が向かい
バランスが崩れます。
2つの磁石を向い合せた場合@
2つの磁石をN極とS極で引合う程度の
距離まで近付けます。この場合、磁力線が対面にある異なる極にまっすぐ向かいます。ただし、コの字型やロの字型磁気回路より漏洩磁束は多くなります。
2つの磁石を向い合せた場合A
モーターや発電機はコイルの回転を効率良くする為、磁石の形状はセグメント型が多く採用されます。この場合、磁力線は近い異極へ向かうので中心部はあまり通りません。
2つの磁石を向い合せた場合B
2つの磁石を同極で反発する程度の距離まで近付けます。この場合、磁力線は
中心部でぶつかり急激に曲がります。
■磁気回路Q&A
Q.磁石間の任意位置で磁束密度を指定して製作できますか?

磁場解析ソフトの活用やこれまでの製作実績から希望の磁束密度を
予測して製作できます。
尚、製作後の磁束密度は予測値と多少の誤差が生じることはありますが、最小限に抑えるよう製作します。

Q.26ショップで販売しているサイズ以外の磁石でも製作できますか?

お客様の設計に合せた希望サイズ・材質の磁石で製作できます。
また、ビーム等を通す目的で磁石やヨーク(鉄材)への貫通穴加工や
取付・固定の為にヨーク(鉄材)へタップ加工を行うこともできます。

Q.納期はどのくらいですか?

在庫品の磁石を使用する場合は約3週間程度です。
磁石をオーダーメイドする場合は約6〜8週間程度です。

Q.磁石やヨーク(鉄材)支給で製作できますか?

恐れ入りますが、磁石支給での製作は承っていません。
磁石は弊社の在庫品やオーダーメイド品でのみ製作を承ります。
ヨーク(鉄材)は材質によって弊社で用意できない場合がありますので別途相談して下さい。

Q.大きいサイズの磁石が希望ですが、在庫品を2個並列に接着して製作できますか?

製作できます。
4個使用して4倍にすることもできますので別途相談して下さい。
また、磁石の厚みが薄い場合は複数重ねて接着し、厚みを大きくすることもできます。

Q.ヨーク(鉄材)の材質を指定できますか?

指定できます。
主にSS400で製作していますが、純鉄やS45C・SUS430等での実績があります。
ただし、形状等の諸条件により用意できない場合があります。

Q.磁石間の磁束密度以外の指定はなくても製作できますか?

サイズ等の希望を基に最適な磁気回路を提案します。
この提案内容を基にお客様が最終的に判断した上で製作を行います。

■製品実例

▲ 上に戻る