現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石Q&A > Q2-15.磁石は温度が上がると磁力は低下するの?

2-15磁石は温度が上がると磁力は低下するの?

低下します。但し、磁石の種類により違いがあります。

フェライト磁石
この磁石は熱減磁が大きい磁石です。20℃を100とした場合、50℃で約90%、100℃で約80%、200℃で約50%に低下します。また、約300℃程度までなら概ね元の磁力を回復します。

アルニコ磁石
この磁石は最も熱減磁が小さい磁石です。20℃を100とした場合、100℃で約97%、200℃で約95%、300℃で約90%に低下します。また、約450℃程度までなら概ね元の磁力を回復します。

サマコバ磁石
この磁石はアルニコ磁石に次いで熱減磁が小さい磁石です。20℃を100とした場合、100℃で約95%、200℃で約85%に低下します。また、約300℃程度までなら概ね元の磁力を回復します。

ネオジム磁石
この磁石は熱減磁が比較的大きい磁石です。20℃を100とした場合、50℃で約95%、100℃で約90%に低下します。また、この磁石は可逆範囲が特に狭く、標準品なら約80℃程度まででなければ元の磁力を回復しません。