現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石Q&A > Q2-25.減磁の原因って?

2-25減磁の原因って?

磁石にストレスが加わると減磁が発生します。
下記が減磁の主な原因です。

■温度変化
磁石は材質にかかわらず温度が変化することで減磁します。
温度変化により低下した磁気特性が元の温度に戻ることで回復することを可逆減磁(可逆温度変化)といいます。
また、元の温度に戻しても回復しないことを不可逆減磁(不可逆温度変化)といいます。

■衝撃
吸着を繰返した場合や落下等で衝撃が加わると減磁する場合があります。
衝撃が加わることで磁石内部の磁区(ミニ磁石)の整列が乱れてしまう為です。

■腐食
錆等によって腐食した場合に減磁します。
腐食した部分の磁区(ミニ磁石)の整列が乱れてしまう為です。

■反磁界(反磁場)
磁石の同極同士を向い合せた場合や寸法比が小さい磁石は減磁する場合があります。
磁石内部で常に磁極とは逆の力が発生している為です。