現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石Q&A > Q3-2.磁石にくっ付くステンレスとくっ付かないステンレスって?

3-2磁石にくっ付くステンレスとくっ付かないステンレスって?

ステンレスには磁石にくっ付くものとくっ付かないものがあります。
鉄にクロムを10.5%以上混ぜたフェライト系ステンレスやマルテンサイト系ステンレス
(JIS400番台)は磁石にくっ付きますが、鉄にクロム18%程度とニッケル8%程度を混ぜた
オーステナイト系ステンレス(JIS300番台)は磁石にくっ付きません。
ただ、通常磁石にくっ付かないオーステナイト系ステンレスも激しい曲げや絞り等の冷間
加工を加えることで加工部分の金属組織が変形し、磁性を持つことがあります。

磁石にくっ付かないオーステナイト系ステンレスは磁力を通しますので、磁石を内蔵する
マグネットバー等の外装部によく使用されます。
磁石にくっ付くフェライト系ステンレスやマルテンサイト系ステンレスは、錆びの発生
する可能性が高い環境下で磁力を向上させる為のヨーク(鉄材)としてよく使用されます。


種類 フェライト系 マルテンサイト系 オーステナイト系
磁性 あり あり なし
代表材質 SUS430 SUS410 SUS304
SUS316L
代表成分 クロム16〜18% クロム11.5〜13% クロム16〜20%
ニッケル 8〜15%