現在表示しているページ
HOME > データベース > 磁石トラブル事例集

磁石トラブル事例集

磁石に関するトラブル事例集です。

割れてしまった!
吸着や落下等の衝撃で割れてしまう場合があります。
特にネオジム磁石やサマコバ磁石は磁力が強く、勢いよく吸着させると破損する可能性が高いので吸着させる場合は慎重に取扱う必要があります。
取外し直後に周辺の磁性体を引付けないよう注意して下さい。
また、皿小ネジや皿ボルトで固定することができる皿穴付磁石は締付け過ぎによって
磁石が破損してしまう場合があります。
磁石が破損しない程度の最適な締付けトルクを検討して下さい。
錆びてしまった!
水分等の影響で錆びてしまう場合があります。
錆は減磁の原因になります。
磁石によってはニッケルメッキ等の表面処理を防錆目的として施していますが、吸着の衝撃や経年変化で表面処理が剥がれてしまい錆びてしまう場合があります。
表面処理が破損しないよう取扱いに注意し極力水気の多い場所を避ける必要があります。
防錆効果の高いエポキシコートやナイロンコート等の対応ができますので弊社に連絡
して下さい。
加熱後に磁力が戻らなくなってしまった!
使用温度を超えると磁力が回復しにくくなります。
また、キュリー温度を超えると完全に磁力を失ってしまいます。
高温環境下での使用の場合は使用環境温度を考慮する必要があります。
再着磁により磁力を回復できる場合もありますので弊社に連絡して下さい。
吸着して外せなくなってしまった!
希土類磁石のような強い磁力の製品は引張って外すことが困難です。
磁石は磁力の強い面に対して垂直方向に最も強い磁力を発生させています。この為、
一方を固定し他方を磁力の強い面に対して平行方向にずらすことで比較的容易に取外すことができます。
ある程度の大きさがある場合は机等の端に置いて、上から体重を掛けて押込むことに
より更に取外しやすくなります。
工具等を用いて強引に取外しを行うと磁石が破損する可能性があります。
取外しが困難な場合は弊社に連絡して下さい。
磁気でカードが使えなくなってしまった!
クレジットカードやキャッシュカード等が磁気の影響で使用できなくなる場合があります。
磁気の影響を受けやすいものは磁石に近付けないことが必要です。
磁気を遮断するには鉄片等に吸着させておく方法が効果的です。
N極とS極が分からなくなってしまった!
外観でN極とS極を判別することはできません。
極性が判明している磁石を判別用に使用する方法や測定機器の使用で判別ができます。
また、弊社在庫品には極性判別用のマーキングを施している商品と施していない商品が
あります。
極性判別用のマーキングを施して発送することはできます。
希望の場合は注文時に連絡して下さい。