現在表示しているページ
HOME > 製品案内 > 磁石取扱いについて

磁石を誤って吸着させた場合、一方を固定して他方を横にずらすようにすると外れやすくなります。
この際、工具類を使用すると磁石の割れ・欠けが生じる可能性があります。

取外しが困難な場合には弊社までご連絡下さい。
(TEL:078-392-2126 営業時間:平日 9:00〜17:30)

  • 磁石は一般的に割れやすく、ネオジム磁石は破面より腐食が進行します。また、その破片が目に入ったり、破片でケガをする恐れがあります。
  • お子様の手の届くところに磁石を置かないで下さい。磁石を誤って飲込んだ場合、直ちに医師に連絡して下さい。
  • 金属アレルギー体質の方が磁石に触れた場合、肌が荒れたり、赤くなったりする恐れがあります。このような症状が現れた場合、磁石に触れないで下さい。
  • 磁石の成分が水に溶出す場合もありますので、磁石に直接触れた水は絶対に飲まないで下さい。
  • 磁石をクレジットカード・キャッシュカード等に近付けると使用できなくなる恐れがあります。
  • 磁石をパソコン・スマートフォン・時計等の精密機器に近付けると故障の原因になる恐れがあります。
  • 磁石を心臓ペースメーカー等の電子医療機器に近付けると正常な作動を損なう恐れがあります。
  • 磁石を使用可能な温度範囲外で使用すると磁力低下を起こす恐れがあります。
  • 磁石に強い衝撃を与えたり、加工を行なうと磁力低下を起こす恐れがあります。
  • 厚さ2ミリ以上のラバー磁石を過度に折曲げると割れが生じる恐れがあります。
  • 磁石によっては、ペイントされている面があります。これらは原則的にN極面を表すものです。
    ※極性判別のペイントを除去することが可能です。ご注文時にご連絡下さい。