現在表示しているページ
HOME > 製品案内 > 表面処理について

種類 表面処理例 膜厚(μm) 特徴
ニッケル
メッキ
10〜20 耐食性・硬度・柔軟性等の物理特性に優れています。
密着性が高いので、弊社のネオジム磁石・サマコバ磁石に多く使用されています。
ニッケルのみの単層メッキの他に、ニッケル・銅・ニッケルの三層メッキも可能です。
通常は電解ニッケルメッキですが、無電解ニッケルメッキも可能です。
エポキシ
コート
15〜20
(下地を除く)
金属への密着性に優れ、絶縁性・耐水性に優れています。
また、ニッケルメッキより衝撃に強いので、磁石を保護する効果があります。
ネオジム磁石は、下地にニッケルメッキを施すことが多いです。
金メッキ 2〜5
(下地を除く)
電気伝導性・耐食性・耐摩耗性等に優れています。
また、光反射性に優れているので、装飾用の表面処理として広く使用されています。
ネオジム磁石は、下地にニッケルメッキを施すことが多いです。
ナイロン
コート
50〜200 耐摩耗性・耐衝撃性に優れているので、磁石の欠け・割れが発生しにくくなります。
様々な色の処理が可能で、幅広い用途で使用されています。
フッ素樹脂
コート
5〜15
(下地を除く)
耐食性・耐薬品性に大変優れています。
また、ほとんどの物質が固着することのない高い非粘着性があります。
一般的にテフロンコートと呼ばれています。ネオジム磁石は、下地にニッケルメッキを施すことが多いです。
亜鉛メッキ 10〜20 耐食性に優れた表面処理の一つです。
被膜の防食を高める為にクロメート処理を行うことが多く、以前は六価クロムが含まれていましたが、RoHS指令による規制強化で、現在では三価クロムに置換えられています。

※磁石材質・形状・サイズ等により、対応可能な表面処理が異なります。
※金メッキは金色メッキとは異なります。

お気軽に お問合せ 下さい。